つまり大切なことは

銀行印イメージ

実印にしろ銀行印にしろ、照合照合言っていますが照合が意味を成すためには、他の誰かが持っているものと区別できる印影を持った印鑑であることが必要です。

その点、大量生産の既製品だと同じ姓か名の人と同じ印鑑であるおそれがありますから、よくありませんよね。
誰かが同じ印鑑を持っているなら、照合しても本人である証明にはなりません。
つまり、自分だけが持っているハンコでなければ意味がないのです。

それから、すぐに摩耗して印影が変わってしまったりしないこと。
これはハンコを作るときの素材の問題ですが、欠けやすい脆いものや、インクが染みて印影が変わりやすいゴムなどだと、それはそれで照合が困難になります。

照合用の印影と実際の印影が、本体の劣化によって一致しなくなっていってしまうからです。
照合すれば本人証明になるように、個性を持っていて適切な素材で作られていることが良いハンコの条件といえます。

ハンコに個性を持たせたければ、手彫りで作ってもらうことです。
手彫りならば同じ文字を彫っても、ひとつひとつに自然に違いが出ます。

適切な素材というのは、長く使っても劣化が激しくない、丈夫で耐久性のある素材のことです。
象牙や水牛の角、ツゲや樺やひのきなど、昔ながらにハンコに適しているとされる素材がいいでしょう。
近頃はチタンや積層強化木のアグニなど、新しい素材も人気のようです。

そして適切なハンコができたら、慎重に使い、慎重に保管しましょう。
なにより、それがどんな三文判でもハンコを押すという行為は、同意や認証の意思表示であるということに変わりはないということを忘れてはいけません。

~ 便利WEBサイト情報 ~

<丸三タカギの>オリジナル表札

低価格で高品質なハンコヤドットコム表札館

80種類以上の多彩なデザインからサイズを選べるので、住まいの雰囲気に合わせた表札をお探しの方にはオススメのサイトです。
お急ぎの方には嬉しいスピード納品も可能です。

ページの先頭へ