実印とその他

実印イメージ

ハンコを押すという行為は同意や認証の意思表示であること、印鑑登録の役割と意味、役場で印鑑登録されたハンコのことを実印と呼ぶこと、などについてこれまで書いてきました。
印鑑登録は一個人につき一つしかできませんから、必然的に個人が持てる実印は一個だけです。

じゃあその他のハンコは何と呼ばれるのでしょうか?

一般に実印でないものはすべて認め印といいます。銀行印というのは用途による呼び名ですね。
認め印のうちで、銀行の口座開設用にあてたものが銀行印ということになります。
銀行口座開設も契約です。
書類や通帳の裏表紙に押印するのは、ある意味印鑑登録と同じで、必要があれば後々照合するためです。

役場で印鑑登録すれば実印、銀行で印鑑登録すれば銀行印、というようなことですね。
銀行では印鑑登録なんて明確には言いませんが。

この照合は銀行印が自分のものであるというのと同時に、この通帳が自分のものであるという証明になるものですから、銀行印の保管は重要です。
年配のかただと特に、銀行印と通帳を同じところに保管していたりしますが、じつはとっても危険なんですよね。
みなさんのおじいちゃんやおばあちゃんがやっていたら注意してあげましょう。

そういえば価格的に安いものや簡易的に作られたハンコを三文判と呼んだりしますが、俗に認め印のことを指す言葉としても使われますね。

実際は、高価な素材で手間をかけて作った立派なハンコも実印として使わなければ認め印の扱いなのですから、「認め印なら三文判」という呼び方は必ずしも当てはまらない場合もあるでしょうけれどね。

~ 〔関連おすすめサイトのご紹介〕 ~

<24時間注文受付>チラシ印刷

20000部以上の大ロットが信じられないほど安い!
比べてわかるプロのデザイナーによるデザインが7000円~!

経費のコストダウンをお考えなら印刷通販がお得!

ページの先頭へ