前回に続き

契約書イメージ

押印は何らかの文書に対して求められるものですよね?
契約書であったり、同意書であったり。
押印したということはつまり、「私は文書の内容を間違い無く確認しました」ひいては「了承しました。異論はありません」という意思表示をしたということになるのです。

今までそんなふうに意識してハンコを押していましたか?
意識したにしろしていないにしろ、押印とはそう見なされる行為なのです。

ですから、不利な契約内容に対して認証の意思表示となる押印をしてしまったら、大変な事になります。

自分の不注意でしてしまった押印ならば残念ながら自分の落ち度ですが、それが偽造であったらどうでしょう。

印鑑は姓名どちらか、あるいは両方を彫って押した者の身元を示すようになっていますですが、例えば佐藤さんが「鈴木」と彫られたハンコを作って契約書に押印した場合、書面だけを見ると鈴木さんが契約したように思われてしまいます。
鈴木さんが契約に身に覚えがないと、その印鑑は偽造だと、証明するためにはどうしたらいいか。

それには印影を照合すればいいですよね。
重大な契約書に押印された印鑑が、本当に本人のものなのか。
それを照合できるように、印鑑登録というものが存在するのです。

現実的には後から偽造を暴くために照合するという以前に、契約しようとする段階で先方から実印の押印と印鑑証明をセットで提出することを求められます。
実印とは役場で印鑑登録されたハンコの呼び名ですが、実印は同じ役場で発行される印鑑証明書をともなってはじめて効力を発揮するものです。

〔人気ショップのご紹介〕

印鑑をネットで注文するなら、日本最大級のはんこ通販専門店《ハンコヤドットコム》がオススメ!
注文前に印影プレビューが確認できて、さらに安心の10年間無料彫り直し保証付きです!

ページの先頭へ