ややこしい呼び分け

印鑑イメージ

ここまで印鑑印鑑と呼んでいますが、印鑑とハンコと印章の違いは現在あってないようなものですけども、厳密には違うみたいですね。

ただ解釈は諸説あって、私にはちょっと調べきれなかったのですが。
印鑑というと、棒状の朱肉をつけて紙に押すアレを思い浮かべますよね。
人に印鑑と言ったら、実際それで通じると思います。

しかし本来は、紙に押された形のことを印鑑と呼ぶのだそうです。
つまり印影と同じ意味ということです。
一説には、さらに印鑑登録などの特別な手続きを踏んだ照合用の印影を指すというものもありました。

では例の棒状の本体のことは何と呼ぶのかというと、これがハンコ(判子)だそうです。
ええっ、じゃあ印章は?というと、文字や形が彫られているところ、つまり印面のことのようです。
印と呼ぶのと判と呼ぶのとでも違いがあるというものもありました。
なんと奥深いことでしょう。奥深すぎてよくわかりません(笑)

だからこそ現在そんなふうに意識して呼び分けることは浸透していないんでしょうね。
ただ、たしかに印鑑というと何らかの登録手続きを経た格別なものという気はします。

話のなかで「照合用の印影」ということを書きましたが、印鑑登録の手続きというのはまさに照合用の印影を登録するという手続きです。

印鑑登録の存在は、一番最初に話した「そもそもハンコを押すっていうことの意味ってなんなんでしょうか?」という問いの答えに直結するものになります。
ハンコを押すということの意味、それは意思表示です。

・・・というところで、この話題は次回に続きます。

~ 注目WEBサイト ~

〔存在感のある「筆文字名刺」〕

自分だけのために創作書家がデザインしてくれる筆文字名刺。
独特の雰囲気と力強さが手にした人にインパクトを与えます。
普通では物足りない、オリジナルティを出したい方にはお勧めです。

詳細は名刺やショップカードの作成、印刷のSPEED名刺館から

ページの先頭へ