印鑑ってなぁに?

  • RSS

印鑑ってなんでしょう?
印鑑ともハンコとも印章とも呼ぶし、印鑑を押すことも捺印とか押印とかいいますね。

印鑑のなかでも呼びかたがあります。
実印とか銀行印とか、認め印とか。
それってどういうことなんでしょう?

そもそもハンコを押すっていうことの意味ってなんなんでしょうか?
そんなことを考えていきたいと思います。

印鑑の起源は古代メソポタミアといわれています。
なんと紀元前5000年頃のことで、認証の道具として使われていたそうです。
以降、封印・所有権の証明・権力の象徴など、いろいろな意味をもって使われていくようになります。
日本に印鑑および押印という考えかたができるのはそれからずっと後のことです。

そして当時、日本の印鑑というのは個人の姓名を刻印したものではなく、役職名を記した官印と呼ばれるものでした。
ですから私的に使用するものではなく、公の書類にだけ用いられていたようです。

その後時代とともに使用法も変わり、仕事上の役職ごとでなく、自分専用の印章を持つという
今の世の印鑑に近づいていくわけですが、署名捺印という現在の形式がはっきりと作られたのは明治時代のことです。
その決まりごとが定められたのが10月1日であったため、10月1日は印章の日とされています。
印鑑登録制度もこのとき生まれました。

さらっと書いてしまいましたが、印鑑登録というものはご存知ですか?
印鑑登録はお住まいの市区町村の役場に「これが自分の印鑑です」と届け出ることなのですが、
この印鑑登録を済ませた印鑑のことを実印と呼ぶことになります。

〔注目サイトのご紹介〕

このページの先頭へ